本格的な農園をやってみたい!
もう6年程週末に家庭菜園をやっている団塊の弟世代のオッサンです。
10年前まではまさか自分が草いじりをするようになるとは
夢にも思っていませんでした。それがなぜこうなったのかと言えば…

趣味の車いじり→場所が足りない→大きなガレージがほしい
→東京は土地が高すぎる→郊外なら土地が安い→市街地調整区域は
さらに安い→古民家のついた物権がある→古民家にはまる→
田舎暮らしにはまる→近所の方から出来立ての野菜→うまいっ!
→一坪百姓をやってみる→収穫やっぱりうまい→またはまる

と言うわけでいつの間にか畑は20坪ほどになり手当たり次第に
色々な作物を作ってみました   がっ…問題も…

今、家庭菜園、田舎暮らしは流行のようになっていますが
やってみると結構大変です。まあ大変だからこそ一区切りついた時の
充実感も大きいのですが…

週末菜園をやっていて?と思うこと

相手が自然なので待ったなし→以前はよく温泉や小旅行に出掛けたが
随分行っていない。勿論大旅行などは無理 
もうちょっと自由な時間がほしい。

コストパーフォーマンスが悪い→プロの農家が設備投資で大変と言う話を
聞きますが、家庭菜園でも同じこと、一坪なら鍬でやっていてもちょっと
大きくなるとホンダの耕運機買ってみたくなる。更に雑草刈るのも
近所の人たちが持っているエンジン草刈機便利そう… 草焼きバーナー
かっこいい、粉砕機、トリマー、チェーンソー、動墳、ミキサー、
芝刈り機、ユンボ、トラクター と妄想はガンダムを集める子ども
の様に頭の中を駆け巡り(ちょっと楽しいが)近所の農協直売センターで
100円の大根やキャベツを見るとはっとする。一体うちのキャベツは
いくらなんだ!

仕事をする機械は美しい→自分では無類の機械好きと思っていたが
スポーツカーやオーディオ等の機械に比べて自然相手に仕事をする
機械の美しさにはまってしまった。「ベンツ」か「BMW」よりも
「ヤンマー」か「クボタ」の方がちょっとワクワクする

その他 中略(後ほど)

プロの農家になるわけではないが同好の志も仲間に引き込み、規模も
大きくしたらちょっと良いかもと思った次第。
(道は長いが…やってみるか)









author:, category:農園の様子, 07:16
-, -